SF5 フォレスター ロッカーカバーオイル漏れ修理

130

車輌

H9年式 SF5 フォレスター

37万5,303km

 

作業

左右ロッカーカバーパッキン交換

フロント・リヤデフオイル交換

 

作業内容 工賃(税抜) 数量 部品(税抜)
左右ロッカーカバーパッキン交換 13,000円
ロッカーカバーパッキン右 1 1,820円
ロッカーカバーパッキン左 1 1,950円
ロッカーカバーパッキンNO.2 4 1,840円
セパレーターパッキン 2 580円
シールワッシャ 12 1,680円
オイルフィラーOリング 1 110円
スパークプラグ交換(持込品) 2,000円
フロント・リヤデフオイル交換 2 2,600円

 

長野県からお越しのSF5フォレスター。

37万キロ超えで当社としても多走行メンテナンス車の中では新記録。

オイル漏れをしているとのことで、

ご来店時にリフトアップしたらロッカーカバーと判明。

 

カバーを外してパッキン交換と単純ですが、

ご存知の通りスバルは水平対向エンジンでロッカーカバーが左右にあります。

111

 

ロッカーカバーオイル漏れは、

にじんだオイルが垂れて排気管に触りエンジンルームから

煙がもくもく出てくることがあります。

煙が車内に入ってくるとシートにこびりついて暫く臭ったりするので

早めに改善しましょう。

 

 

 

左右ロッカーカバーパッキン交換

 

ロッカーカバーを外しパッキン交換します。117

118
こちらが取り出したパッキン
121
エンジン側の外周に残ったパッキンなどの異物をキレイにします。
上下の横棒がカムシャフト

上の横棒はインテークカムシャフト
混合気、あるいは空気
シリンダー内に吸入するときに開閉する
インテークバルブを動かしています。119
下の横棒はエキゾーストカムシャフト
シリンダー内から燃焼ずみのガス排気系に排出するエキゾーストバルブ
を動かしています。
 140

勿論カバー側もキレイに掃除。
122

キレイにしたらパッキンをはめ込んでいきます。
123

126

プラグは持込みプラグ。
127

中央にある穴はプラグが収まる所。
119

中はこんな感じ。
129

セパレーターパッキンを交換して

145

146

エンジン側シリンダーヘッドプラグも交換
BlogPaint

(画像はレガシィワゴン用)

 

上記の価格表に書き忘れましたが、

シリンダーヘッドプラグは700円×4個(税抜)

 

すべてのパッキンの交換を終えたらカバーを戻して

片側は完成。

132(画像はリフトアップして下から)


左右同じ工程です。

カバーを外し、

133

 

キレイに掃除してすべてのパッキンを交換。

149

150

後はカバーを戻します。
143

151

ロッカーカバーパッキン交換は終了
153


最後にスチーム洗浄機でよく洗い流して完成です。 
049

051

作業時間は約3時間ほどかかります。

スバル定番のオイル漏れなのでエンジン廻りの点検を欠かさないよう

心がけましょう。

 

こちらのユーザーさんもメンテを怠った様子がなく、

とても30万キロ超えには見えませんでした。

 

遠方よりご来店ありがとうございました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Follow me!