GDA インプレッサWRX ラジエターAssy交換

055

車輌

H18年式 GDA インプレッサWRX

32,943km


作業/時間2h

ラジエターAssy交換(社外新品)

 

作業内容 工賃(税抜) 部品(税抜)
ラジエターASSY(社外新品) 12,000円 22,500円
クーラント6L 2,700円

 

ラジエターの液漏れで入庫です。
058

 

今回、社外新品ラジエターを注文しました。

スバル純正新品ラジエターは80,600円(税別)と高額です。

 

クーラントの役割

冷却水(LLC)はエンジン内部を循環し、エンジンで発生した熱を吸収してラジエターで放熱することにより、エンジンを冷却しています。

また、冬季の冷却水の凍結によるエンジンやラジエターの破損を防ぐと共に、腐食防止剤により錆や腐食を防止します。
エンジンによって熱せられた冷却水はラジエターを通って冷やされ、再度エンジンへ戻ってき冷却します。ラジエターでの冷却が不十分だと、エンジンはオーバーヒートを起こしてしまいます。

エンジンを冷やすだけなら水で十分と思われますが、気温が0度以下で凍結してしまう、
ラジエターなどにサビが発生してしまうなどの理由でクーラントが使われています。

 

                                      

 

ラジエターAssy交換

 

まず、クーラント(冷却水)を抜きます。 

046


ファンを取り出しラジエターを外していきます。

048


049

050

取り出したラジエターです。

059


サブタンクのクーラントが減る症状から始まり、

ラジエターから液漏れしているのが発覚。

061


新品と交換。

052

 

054

ラジエターの脱着が終わったらファン・ホース類の元に戻し、

056


クーラントを補充して完成。

057

 

062

 

こちらのインプオーナーさんも日頃から車をよく見ていたので
オーバーヒートも起こさず修理ができました。
「水とオイルの量はよく見ろ。」とよく言いますが正にこの事ですね。

 

 



点検方法

冷却水が冷えているときリザーブタンクの冷却水が「FULL」または「MAX」(上限)と
「LOW」または「MIN」(下限)の間にあるかを点検します。

クーラント1

<操作方法>
①冷却水が不足しているときはリザーブタンクのキャップをはずし「FULL」または「MAX」(上限)まで
規定濃度の「純正タイプクーラント」を補給します。

※リザーブタンク内に冷却水がないときはラジエター本体にも補給します。キャップをはずし口元まで補給してください。

②補給後はキャップを確実に取付けます。

 

 

私は走行中もちょくちょく水温計を見ています。

オーバーヒートに気付かず走ってしますと、最悪はエンジン自体が壊れます。

そうなるとエンジン乗せ換えなんて事になりかねませんので、
日常的に「水の量」を確認しましょうね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Follow me!